【完全個別指導の起業家育成システム 長谷川雅一の実戦!ビジネス起業塾】

【1】-3:起業の成功で得られるハッピーライフ

<<前ページ 【1】 次ページ>>

【Top】← [0] [1] [2] [3] [4] →【2】

会社勤めは「損」?

 

僕は一度も就職したことがなく、小さなビジネスを創って生活してきたわけですが、要は「自営業」をやってきただけの話です。大したことではありません。
僕に「就職する」という選択肢はなく、僕は履歴書を書いたことがありません。
履歴書のイメージ
会社勤めに関して僕はよく、「就職するなんて、もったいない」と思います。
もちろん会社員という立場にも、安定性、安心感など、様々なメリットがあることはわかります。でも、僕には「会社に勤務するのは損ではないか?」と思えてしかたがないのです。
たとえば通勤。会社に勤めていたら、どんなに疲れていても定時に起きて通勤しなければなりません。「当たり前のこと」でしょうが、これだけでも相当なストレスですし、僕は、「そういう生活は体に悪いから、やりたくない」と思います。「ぐっすり眠る権利を放棄してまで働く必要があるのだろうか?」と思うのです。
自宅で仕事をしている僕に通勤はありません。毎日真面目に通勤しておられる方には本当に申し訳ないのですが、「今日は疲れていたから、朝1時間余分に寝た」というのは、よくあることです。
朝寝坊のイメージ
また、会社員の場合、たとえ自分が1億円の契約を取ってきたとしても報酬は、ほとんど変わりません。よくて多少の報奨金が出るぐらいのことでしょう。その額、もしかしたら数万円? かもしれません。
もしもあなたが1億円の売上を作って会社が3,000万円儲かったとしたら、その契約だけで1,000万円の報奨金がもらえてもおかしくありませんが、そんなことは絶対にありません。これって「損だ!」と思いませんか?
これはちょっと極端な例かもしれませんが、要は会社に勤めている限り、自分の働きに見合う報酬が得られる可能性は低いのです。

 

人生は変えることができる!

 

あなたが起業に成功して、自分の仕事を自分で完全にコントロールできるようになれば、あなたの人生はガラリと変わります。
あなたが起業に成功して、自分の創ったビジネスで生活ができるようになったとき、あなたの人生がどう変わるかを想像してみてください。
あなたは自由です。通勤する必要もなければ、煩わしい人間関係もありません。自分の仕事がうまく行けば、どんどん収入も上がります。
成功のイメージ
僕には、どうして多くの人が「起業」という生き方を選ばないのか、不思議でしかたがありません。

 

起業の成功で得られる5つのハッピー

 

以下に、起業に成功したらどんな「ハッピー」が得られるのかを、5つのポイントにまとめました。
これらは起業することで得られるメリットの、ほんの一部です。

 

仕事が楽しくなる=毎日が楽しくなる。

起業して、自分の創ったオリジナルビジネスで生活できるようになれば、仕事が楽しくなります。
僕は「楽しく仕事ができること」が起業の最大のメリットだと思っていますし、自分自身、毎日楽しく仕事ができることに感謝しています。
特にフルタイムで働いている方の場合、1日のほとんどの時間を「仕事」が占めるわけですから、その仕事が楽しければ毎日が楽しくなります。そうなれば「人生が変わる」と言っていいでしょう。
また、仕事が楽しければ仕事に対する意欲や集中力が増します。そうなれば、仕事のクオリティが上がり、ますます業績(売上)が上がりやすくなるという「好循環」が生まれます。
毎日の仕事が楽しくできるようになった時点で、あなたはもう「成功者」の仲間入りを果たしたと言えるでしょう。
仕事が楽しいイメージ
ただ、ひとつ注意が必要なのは、「業種選びに失敗すると、起業に成功しても仕事が楽しくならない恐れがある」ということです。
特に「飲食業」は要注意です。もちろん「飲食業」は、世の中になくてはならない仕事であり素晴らしい仕事です。また「飲食業」が大好きで起業する場合、何の問題もありません。
しかし、飲食業は基本的に「消耗型」のビジネスです。つまり、繁盛すればするほど疲れ果ててしまう恐れがあるビジネスである、ということです。
僕の起業塾でも、時々、生徒さんご自身が気づかないまま、飲食業に限らず「消耗型」のビジネスで起業しようとするケースがあります。
僕は基本的に「消耗型ビジネス」での起業はお薦めしません。ですから、生徒さんのビジネスプランが「消耗型」だと思われる場合は、できれば方向転換するようアドバイスしています。

ビジネス起業塾では、ビジネスをそのしくみから「消耗型」「蓄積型」「自動型」「システム型」などのように、いくつかに分類しています。さらに、ビジネスをその性質から「貢献型」「耐久型」「自傷型」などに分類することもあります。このようにビジネスを分類することで、生徒さんが、できるだけ幸福度の高い形で起業できるようアドバイスを行っています。

 

自分で自由に仕事量を調節できる。休みたいときに休めるようになる。

起業して自営業者になっても、決して「ヒマ」になるわけではありません。実質的な仕事量はむしろ増えるかもしれません。
しかし、やっただけ収入が増えるので仕事量が増えるのも苦になりませんし、自分で仕事の量を調節することもできます。「ちょっと働き過ぎかな?」と思えば、仕事量を減らすことができるのです。「疲れたから今日は休もう」と決めて平日に休むのも自由です。
幸せな休日のイメージ
また、起業すれば「いつ仕事をするか?」についても自由です。たとえば僕の場合は典型的な夜型人間で朝は苦手。ですから、朝はゆっくり寝ていることが多いですし目覚まし時計で起きるということはありません。休憩時間も自由。いつ休んでもかまいません。
外に勤めに出ている父親は、子どもとふれあう時間など、ほとんど取れないかもしれませんが、特に子どもが幼い時には、できるだけ、いっしょに過ごしたいものです。あなたが、起業して家で仕事をするようになれば、もちろん通勤する必要などなく、子どもとふれいあいながら働くことができます。
親が余裕を持ってハッピーに働いていれば、家庭の雰囲気もよりよくなり家族全員の幸福感が増します。子どもも自然と笑顔になり情緒が安定するでしょう。

 

仕事の内容や仕事のやり方を自分で決められる。自分のスタイルで仕事ができる。

起業すれば、仕事の内容は自分で選ぶことができます。仕事のやり方も自分で決められます。「こういう仕事は嫌だ」という仕事は、やらなければいいのです。
また上司も「いない」わけですから、「飛び込み営業を100件やってこい! 契約が取れるまで帰ってくるな!」などと理不尽に命令されることもありません。
もちろん起業しても「営業」は必要ですが、「飛び込み営業は死ぬほど嫌だ。メールで営業しよう」というように、自分にとって無理のないやり方に変えることができます。
成功のイメージ
「どこで働くか?」も自由です。起業家の中には「夏は北海道に滞在して仕事をする。冬は沖縄で仕事をする」というライフスタイルの人もいます。
自分のやりたい仕事をのびのびと、自分に合ったスタイルでできることほど幸せなことはありません。

 

一人でできるビジネスで起業すれば、煩わしい人間関係から解放される。

会社勤めをしている人の一番の悩みは、おそらく「職場の人間関係の煩わしさ」でしょう。
もしもあなたが「この煩わしい人間関係から解放されたら天国なのに!」と思っているのであれば、一人で起業して自由に働くことを選択してはいかがでしょうか。
自由な起業家のイメージ
一人でできるビジネスで起業すれば、いつ、どこで働いてもかまいません。カフェにパソコンを持ち込んで働いたって何の問題もありませんし、そこに煩わしい人間関係はありません。
もちろん、気の合う仲間達と起業することもできますが、僕は基本的に「一人でできるビジネスで起業する」ことをお薦めしています。一人ビジネスは自由で気楽だし、ビジネス上のトラブルも少ないからです。

 

会社勤めの何倍、何十倍の報酬が得られる可能性がある。

起業の最大のメリットは、何と言ってもやはり「大きな収入が得られる可能性が生まれること」でしょう。
会社勤めでは、自分の努力が、そのまま収入として返ってくることはありません。あなたを使って、あなたに支払う賃金の何倍もの利益を得るのが会社です。
しかし起業すれば、あなたの努力はあなたの収入となって100%返ってきます。起業家は「働けば働いただけ報われる」のです。
リッチな起業家のイメージ
大きな収入を得るためには、ヒット商品、ヒットサービスを生み出すことが必須条件となります。僕のビジネス起業塾では、ヒット商品、ヒットサービスを生み出すための具体的なノウハウやコツもお教えしています。
あなたのビジネス起業が成功すれば、人生の早い段階で一生分の収入を得てしまい、残りの人生を、やりたいことをやって悠々自適に過ごすことも可能になります。

 

次ページは「あなたも起業に挑戦してみませんか?」というお話です。

 

<<前ページ 【1】 次ページ>>

【Top】← [0] [1] [2] [3] [4] →【2】

 

 

株式会社プレコオンラインへのご連絡は…

 

弊社へのご連絡は下記までどうぞ。

〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3
株式会社プレコオンライン
代表:長谷川 雅一
電話:090-3588-9600(長谷川直通)
※土日祭日含む、朝10時〜夜10時まで電話受付中。
固定電話:0573-25-9600