【完全個別指導の起業家育成システム 長谷川雅一の実戦!ビジネス起業塾】

【2】-0:起業を学ぶメリットと起業塾のコース紹介

<<前ページ 【2】 次ページ>>

【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】

「起業」を学ぶメリット

 

【2】(パート2)では、まずはじめに「起業」について学ぶメリットをお話しします。
また、起業の事例をお見せしながら、起業塾の各コースのご紹介をします。
各コースの紹介は「起業塾に入塾する予定はない」という方が読んでも参考になるように編集しています。

 

「ビジネス起業」を学ぶメリットとは?

 

起業を学べば初心者が冒しやすいミスを回避できる

 

「起業するぞ」と決意して、いきなり自分で新しいビジネスを始める(=起業する)ことも不可能ではありません。しかし多くの場合、そこには危険が潜んでいます。
やはり、基本からビジネス起業をしっかりと学ぶことが大切です。
起業を学ぶイメージ
起業の初期段階で致命的なミスをするとヘタをすれば破産しますし、再起不能になってしまいます。長谷川雅一のビジネス起業塾で学ばれることで、以下のようなミスを回避できる可能性が高くなります。

 

起業の初心者が冒しやすいミス4パターン

 

長谷川雅一の「ビジネス起業塾」で学ばれることで、以下にリストアップした4パターンのような、起業の初心者が冒しやすいミスを回避できる可能性が高くなります。

 

起業できないまま、あきらめてしまう。

 

起業の初心者の場合、いったい何からどう手をつけていいのか、わからないまま右往左往しているうちに、時間とお金とモチベーションを浪費してしまい、せっかく能力をお持ちなのに結局起業できないまま、あきらめてしまうケースが少なくありません。
あきらめるイメージ
これは、とても「もったいないこと(機会損失)」です。

起業塾で学べば…

起業の道筋がハッキリ見えてきます。起業の見通しが立ちます。
「起業するためには、今、何をすればいいか?」「その次は、何をすればいいか?」がわかります。
成功へ続く道のイメージ
ビジネス起業塾で起業学ぶことにより、あなたがムダな時間やお金を費やすことなく、最短距離で起業できる可能性が高くなります。

 

有望ではない(儲からない)業種・業態で起業してしまう。

 

起業の初心者の多くが、業種・業態の選択に失敗して、当初の目論み通りの成果をあげることができず、「こんなことなら起業しなければよかった」と後悔します。

起業塾で学べば…

ビジネス起業塾で学べば、有望な業種・業態がハッキリわかります。
「この仕事なら儲かるだろう」と思って始めたのに、現実はまったくダメで途方に暮れるといった、起業の初心者にありがちな失敗を回避できる可能性が高くなります。

 

自分に向いていない業種・業態で起業してしまう。

 

起業の初心者の多くは「どうせやるんだったら、自分の好きな仕事で起業したい」と思います。それを全否定するつもりはありませんが、あなたの大好きな仕事が、あなたに向いている仕事であるとは限らないという点には留意が必要です。
もしもあなたが、大好きではあるが向いていない仕事で起業してしまった場合、起業した後で苦しむことになります。
ストレスのイメージ

起業塾で学べば…

ビジネス起業塾で学べば、仕事の好き嫌いだけでなく、向き不向きも考慮した業種・業態の選択についての適切なアドバイスが受けられます。あなたが、「向いていない業種・業態で起業してしまうミス」を事前に回避できる可能性を高めることができます。

 

いきなり多額の借金をしてしまう。

 

起業を考えている時は気持ちが「ハイ」になっていることが多いため、「少しぐらい借金をしても大丈夫」と思ってしまう人も多いものです。
また、「フランチャイズに加盟する」「代理店になる」といったビジネスでは、営業マンの、「成功して儲かっている人が多いですから借金しても大丈夫ですよ。すぐに元が取れますよ」といったセールストークにダマされ、借金をして(あるいは大切な退職金を投入して)契約金を払ってしまうケースが少なくありません。
フランチャイズビジネス、代理店ビジネスの99%は、加盟金目当ての危ういビジネスである可能性が高いのが現実です。しかし、起業の初心者が、フランチャイズや代理店を運営している会社が良質か、そうでないか(=悪質か)の判断をすることは、ほぼ不可能です。
悪徳フランチャイズのイメージ

起業塾で学べば…

いきなり多額の借金をして、儲からないフランチャイズや代理店ビジネスに加盟してしまう、といったミスを防ぐことができます。
一般的には「起業の初心者だからこそ、フランチャイズに加盟した方がいい」という考え方があるかもしれませんが、それは逆。良質なフランチャイズを見極めて加盟し、成功することは、ベテラン起業家でも難しいことなのです。
起業の初心者は、あくまでも自力で、しかも開業資金を限りなくゼロに抑えつつ、新しいビジネスを立ち上げるべきです。
ゆとりのあるイメージ
資金をかけずに起業すれば精神的、経済的な「ゆとり」が生まれます。また、失敗しても再挑戦することができます。

フランチャイズのすべてが悪質なわけではなく、中には良質で有望なものもあります。ただ、ビジネスの初心者がフランチャイズの良し悪しを見極めるのは困難です。
また、ビジネスの経験がある程度ないと、たとえ良質なフランチャイズに加盟してもうまく行かないケースが多くなります。したがって、起業の初期段階では、「フランチャイズには加盟しないこと」を基本にすべきです。

 

長谷川雅一(はせがわ まさかず)のビジネス起業塾とは

 

長谷川雅一の「ビジネス起業塾」は、ビジネス起業の入門書である『はじめよう!プチ起業』の著者である僕=長谷川雅一が、生徒さん一人ひとりを直接マンツーマンで指導し、独自の起業法を伝授するプライベートスクールです。
「ビジネス起業塾」は、起業の経験が豊富な指導者が、「起業したい」あなたのビジネス起業を、完全個別指導で支援する他に類を見ない起業家養成システムです。
ビジネス起業塾のイメージ
日本では、起業は、まだまだ一般的ではありません。日本で、起業についての良質な情報やノウハウを得ることは難しく、起業しようと思っても何から手を付けたらいいかわからないのが実状です。
長谷川雅一のビジネス起業塾では、たとえあなたが、「起業についての知識、経験ゼロ」という状態であったとしても、最終的に「独自のビジネスで食べて行ける」レベルに到達できるよう、ていねいな個別指導を行い、起業に必要な知識やノウハウが得られるようサポートします。
ビジネス起業塾に入塾すれば、ビジネスの基礎知識、ホームページ制作や広告制作などの技能、自己プロデュースの手法や出版ノウハウ、起業に必要なメンタルコントロールの手法など、あなたが起業して成功するために必要な、あらゆる知識と技能を、マンツーマンでじっくり学ぶことができます。

 

「ビジネス起業塾」で、どんなことが学べるのか?

 

では、ビジネス起業塾では、具体的に、どんなことが学べるのでしょうか?
具体的な指導内容や、指導の事例については【3】(パート3)でお話ししますが、その前に、まずは、ビジネス起業塾の6つのコースをご紹介しておきましょう。
長谷川 雅一 の「実戦!ビジネス起業塾」には、

 

@「独立起業コース」 … 会社を辞めて起業するコース
A「定年起業コース」 … 定年後に起業するコース
B「副業起業コース」 … 副業で起業するコース
C「女性起業コース」 … 女性が起業するコース
D「趣味起業コース」 … 音楽やYouTubeなどの趣味を活かして起業するコース
E「実戦コース」 … すでに起業している人が業績アップなどを目指すコース

 

以上、6つのコースがあり、受講生の状況や目的に合わせて適切なコースを選択し、無駄なく無理なく起業を学ぶことができます。

受講の途中でコースを変更することができます。

 

全コースの起業事例を読み、起業のヒントを見つけましょう

 

次のページから、各コースの具体的な起業事例と、各コースの特徴をご紹介します。
「自分には関係ない」と思われるコースにも、あなたの起業に役立つヒントが隠されていることがありますので、@〜Eまでのすべてのコースの内容をお読みになることをおすすめします。
また、コース紹介は、「起業塾に入塾するつもりはない」という方がお読みになっても、起業のヒントが得られるように編集しています。
ぜひ、すべての起業事例を読んで、あなたの起業のためのヒントを見つけてください。

 

次ページでは「1:独立起業コース」と起業の事例をご紹介します。

 

<<前ページ 【2】 次ページ>>

【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】

 

 

株式会社プレコオンラインへのご連絡は…

 

弊社へのご連絡は下記までどうぞ。

〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3
株式会社プレコオンライン
代表:長谷川 雅一
電話:090-3588-9600(長谷川直通)
※土日祭日含む、朝10時〜夜10時まで電話受付中。
固定電話:0573-25-9600

【2】起業を学ぶメリットと起業塾のコース紹介 記事一覧

【2】 次ページ>>【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】会社勤めの限界会社というものは、「あまり、がんばりたくない人」にとっては、ある意味、割と居心地がいい場所なのかもしれません。「給料が安い」とか「仕事がキツい」とか「上司が気に食わない」と文句を言いながらでも、一定時間ガマンして働けば、ちゃんと毎月給料が入ってくるからです。しかし、このまま会社にいた場合、...

【2】 次ページ>>【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】定年(還暦)世代の経済がヤバイ!2019年6月、金融庁が「定年後に年金だけで生活するのは無理。2,000万円の貯蓄が必要だ」という報告書を出して大問題になりました。実は経産省は、さらに厳しい数字を出しています。経産省の独自試算によれば、不足額は2,000万円どころではなく、なんと「老後には年金のほかに約...

【2】 次ページ>>【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】このままでいいのでしょうか?「会社の仕事は、それなりに充実している。給料にも、まあ満足している。しかし、今ひとつモチベーションが上がらないし、夢がない。」「このまま今の会社にずーっと勤めるということは、このまま人生が終わってしまうということだ。本当に、このままでいいのか?」──会社勤めをしながら、こうし...

【2】 次ページ>>【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】共働きのリスクかつて、「女性は結婚したら『専業主婦』になるのが当たり前」という時代がありました。しかし、少子高齢化にともない日本経済が悪化する中で、税などの負担は増え続け、逆に収入は下がる一方。今や夫婦共働きは当たり前です。ただ、夫婦二人が、ずっと働き続けられるとは限りません。たとえば出産などで女性が仕...

【2】 次ページ>>【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】趣味が仕事になる時代かつて「趣味を仕事にする」という発想は、「怠け者の考え方だ」「非現実的だ」などと一笑に付されたものです。しかし今は違います。現実に趣味を仕事にしている人が少なくないばかりか、そういう人達が、一般の人達をはるかに超える高収入を得ることも珍しくなくなりました。たとえばYouTubeに動画...

【2】 次ページ>>【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】ビジネス起業塾の「実戦コース」とはビジネス起業塾の「実戦コース」は、「すでに起業している方」を対象とするコースです。起業家は孤独です。ビジネスにはスランプがつきものですが、起業家はたった一人でスランプと戦い、ピンチを切り抜けなければなりません。ビジネス起業塾の「実戦コース」では、すでにビジネスをスタート...