【完全個別指導の起業家育成システム 長谷川雅一の実戦!ビジネス起業塾】

【2】-1:独立起業コース

<<前ページ 【2】 次ページ>>

【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】

会社勤めの限界

 

会社というものは、「あまり、がんばりたくない人」にとっては、ある意味、割と居心地がいい場所なのかもしれません。
「給料が安い」とか「仕事がキツい」とか「上司が気に食わない」と文句を言いながらでも、一定時間ガマンして働けば、ちゃんと毎月給料が入ってくるからです。
給料のイメージ
しかし、このまま会社にいた場合、生涯でいくらぐらい稼げるかが計算できてしまうのが、会社勤めの「悲しいところ」かもしれません。
会社に勤めている限り、あなたは「収入」を自分でコントロールすることができません。仕事の内容についても、ほとんどコントロールすることができません。それが会社勤めの限界です。

 

独立起業のススメ

 

会社の中で「人一倍がんばっている人」にとって、会社にいることは、ちょっと面白くないかもしれません。会社勤めの場合、自分の「がんばり」がそのまま給料に反映されるわけではないからです。
要するに、頑張って成果を上げている人ほど、「働いている割に報われない」という不満が募ります。
「あいつ(同僚)の給料は、オレが稼いでやっているようなものだ」と不満に思っている会社員も少なくないでしょう。
実は、そういう「がんばり屋さん」こそ「起業」に向いていると言えます。
独立起業の最大の魅力は、やはり報酬です。起業して、自分のビジネスを興せば、稼ぎはすべて自分のものです。
サラリーマンがいくらがんばっても、年収1,000万円程度が限度ではないかと思います。しかし起業すれば、億単位の年収を得るセレブを目指すことだってできます。
リッチな起業家のイメージ
もちろん、起業すれば、ありとあらゆることを自分でやらなければなりません。商品開発も営業も会計処理も製品管理も苦情処理も、すべて自分の仕事です。
しかし、仕事をやった分だけ報われる自営業の醍醐味を知ったら、もう会社勤めには戻れないのではないか、と思います。
また、起業家は自由です。いつどこで仕事をしてもかまいません。
どんな仕事をやるか? 何を売るか? といったことも、すべて自分が決めることができます。
もしも会社勤めをされているあなたが、「自分の力はこんなものじゃない!」と思われるなら、ぜひ「独立起業」して、ご自分の力を試していただきたいと思います。

 

「在宅ワーク」という自由

 

在宅ワークで独立起業する

 

今、多くの日本人がスマホを持ち歩き、常にネットに接続しています。今、ほとんどすべての日本人がネット上で生活していると言ってもいいでしょう。
多くの人がネットに依存している今、ネットを利用して自宅でできる在宅ワークがたくさんあります。
朝食のイメージ
在宅ワークなら、まず朝、目覚まし時計で起きる必要がありません。眠りたいだけ眠って、十分に睡眠をとり、ゆっくり朝ごはんを食べましょう。そして、自分が仕事を始めたい時間から働き始めればいいのです。

 

余裕があれば仕事もはかどる

 

在宅ワークなら、ぎゅうぎゅう詰めの通勤電車に揺られて通勤する必要もありません。服装も自由です。極端な話、パジャマを着たまま仕事をしても誰にも叱られません。(笑)
通勤不要在宅ワークのイメージ
通勤だけで消耗してしまうような働き方では、能力を十分に発揮することができません。
「通勤がない」ということだけで、どれほどの余裕が生まれ、どれほど仕事が「はかどる」ことか。それを体験してしまったら、もう元の生活に戻ることはできないでしょう。
以下の「独立起業」事例集では、在宅ワークの具体的な事例を中心にご紹介しています。起業プランを立てるときの参考にしてください。

 

「独立起業」5つの事例

 

Webサイト制作業

 

Webサイトを作る「Webクリエイター」、Webサイトに必要なプログラムを書く「Webプログラマ」、Webサイトをデザインする「Webデザイナー」、Webサイトに掲載する文章を書く「Webライター」、Webサイトに載せる写真を撮ったり加工したりする「Webフォトグラファー」など、Webサイト制作関連の仕事はたくさんあります。
もちろん、こうした業務を一人で手がける「Web制作業者」を目指すこともできます。
在宅ワークのイメージ
「Web制作業者」の場合、1件10万円〜100万円以上の価格で、Web制作を請け負い、さらに「管理料」として月額収入を得たり、サイトに掲載されている記事の内容が古くなっていないかチェックして更新する作業を代行することで「更新料」という形の定期収入を得ることも可能です。
またWeb制作の技術が身に付けば、それを人に教えたり、Web制作の方法を通信講座にして売るといった応用ビジネスへの発展も可能になります。
長谷川雅一の「実戦!ビジネス起業塾」では、「Web作成など、やったこともない」という初心者の方でも、短期間で必要な技術を学び、「Web制作業者」として独立起業できるよう、わかりやすく丁寧に指導、サポートしています。

 

学習塾経営/家庭教師

 

僕(長谷川)が、最初に手がけたビジネスは「ギター教室」の自営でしたが、その後、家庭教師を経て学習塾経営を始め、これがしばらくの間、本業となりました。
ちなみに僕の学歴は「高卒」のようなもので、教員免許も持っていません。しかし、学習塾の自営に「教員免許」は要らないということを知って、「ギター教室」で養った「教える力」を勉強に応用することができるのではと考え、家庭教師をやりながら準備を進め、学習塾経営をスタートしたのです。
学習塾経営を始めて5〜6年、僕は朝から晩まで生徒たちのためのオリジナル教材作りと、わかりやすい授業を行うことに集中していました。そしてある日、自分の塾が「地域一番塾」になっていたことを知ったのです。
あなたがもしも「子ども好き」で、子どもたちとのコミュニケーションが得意なら、学習塾経営に挑戦することが可能です。
今は、ズームなど、ネット上のWeb会議システムも使いやすくなっているので、インターネットを使った学習塾や家庭教師のサービスを展開することも可能です。
学習塾のイメージ
学習塾や家庭教師のビジネスの優位性は、ほとんど「資金ゼロ」で開業できることです。
また、前述のように、学習塾経営に学歴は必要ありません。
あなたが「学習塾経営」で独立起業を目指すなら、学習塾経営の経験である長谷川雅一が、せいっぱいお手伝いします。

 

カウンセラー業/コーチ業

 

社会のしくみが多様化しフクザツになる中、仕事や人生に悩んで行き詰まっている人がたくさんいます。
心の不調が「うつ病」のレベルにまで進んでしまった人の場合は、当然、専門医にかかる必要が出てきますが、「そこまで行ってはいないが、どうにも不調から抜け出せない」という人にはカウンセラーが「救い」になるかもしれません。
前項(学習塾経営)にも書きましたが、今は、ズームなど、ネット上のWeb会議システムが使いやすくなっています。在宅でWeb会議システムを利用した「カウンセラー業」を開業することが可能です。
カウンセリングのイメージ
カウンセラーに求められるのは「傾聴(けいちょう)」。相談者の悩みに、しっかりと耳を傾け、相談者の心の叫びを聴き取る姿勢です。
──ちなみに、この「傾聴」、僕(長谷川)はちょっと苦手です。(笑) すぐに自分がしゃべってしまうからです。ですから僕は「カウンセラー」には、あまり向いていないかもしれません。
…余談はさておき。あなたがもし、人の悩みに真摯に耳を傾けることができるなら、あなたは「カウンセラー業」での独立起業が可能です。
「カウンセラー業を行うためには資格が必要では?」 と、あなたは思われるかもしれません。事実、いろいろな資格があります。しかし、「資格なし」でカウンセラーになることも可能です。
また、カウンセラー業から一歩進んで、前向きに人生を改善するための「コーチング」を行う「コーチ業」も、在宅ワークのスタイルで独立起業できる仕事です。
相談者(顧客)の状態に応じて、カウンセリングとコーチングを使い分けながら対応することも必要になるかもしれません。
あなたが、カウンセラー業、コーチ業で起業すると決意されたなら、長谷川雅一の「実戦!ビジネス起業塾」が、あなたの独立起業を、せいいっぱいサポートします。
ちなみに、少し毛色が違いますが、この種の仕事の中では「占い業」も有望です。

 

広告制作&ポスティング業

 

ポスティング業については、「定年起業コース」の事例でもご紹介しています。新聞を取らない人が増えてきた今、各家庭のポストに直接チラシを配布するポスティング業は、今後も伸びると思われる有望な業種のひとつです。
また、ポスティング業は開業にほとんど元手が要りません。早い話がチラシを預かって配布するだけの仕事だからです。
ポスティング業は体一つでできる単純なビジネスであり、需要が高いので、やり方しだいで高収入が望める仕事です。
あなたがもしも「独立起業」してポスティング業をやるのであれば、広告制作の技術をマスターして、広告制作も請け負ってはどうでしょう。要するに、ポスティングする「チラシ(広告)」の制作もやってしまう、総合的な宣伝業を目指されてはどうか、ということです。
ポスティングのイメージ
忙しい事業主から、広告(チラシ)の手書き原稿を受け取り、見栄えのする広告に仕上げて配布まで行うあなたのビジネスには、きっと多くの仕事が舞い込むことでしょう。
長谷川雅一の「実戦!ビジネス起業塾」では、わかりやすい個別指導のスタイルで、広告制作を行うためのDTPソフトの選び方、基本的な使い方から、実際に配布可能なプロレベルの広告を制作する(DTP作業の)方法まで、丁寧に指導していますので、短期間で独立起業に必要な技能をマスターすることができます。
さらに意欲的に取り組むなら、広告制作と配布だけでなく、広告依頼主(クライアント)のWebページ作成まで請け負う、多角的なビジネス展開も可能です。

技能習得の程度には個人差があります。

 

店舗経営

 

今はあらゆる趣味的な知識がビジネスにつながる時代です。
あなたがもしも、何かのジャンルにとても詳しいのであれば、そのジャンルに関連する商品を扱うお店を経営してみてはいかがでしょうか。
たとえば模型。最近では、模型を組み立てることを仕事にしている人がいます。
あなたが模型マニアなら、模型を販売して組み立ても請け負う、といった形での独立起業が可能です。模型販売なら実店舗の営業と同時にネット通販を行うこともできるでしょう。
模型のイメージ
ただ、店舗経営の場合、当然「○時に開店する」という「きまり」を守らなければなりませんし、「お店」というのは、一見ヒマそうに見える場合もありますが「トイレに行く自由もない」のが実状です。
「お店で接客するのが大好き」という方なら大丈夫ですが、店舗経営の場合、往々にして消耗型のビジネス(繁盛すればするほど疲れ果ててしまうタイプのビジネス)になってしまう恐れがありますので、あなたは注意深くプロジェクトを進める必要があります。
たとえば、お客さんから「こんなミニチュアを造形して欲しい」といった注文を受け、3Dプリンタを使って製作するビジネスなら、実店舗も不要ですし、時間的な自由も確保できるでしょう。
長谷川雅一の「実戦!ビジネス起業塾」では、あなたの独立起業が「消耗型」にならないよう、あなたのビジネスをしっかり見守りながら、あなたの独立起業が幸せなものになるようにサポートします。

 

起業の可能性は無限です

 

「独立起業」の事例を読んでも、「自分には何の取り柄もない、特技もない。やはり起業なんて無理そうだ」と思われたかもしれません。
しかし、ここに挙げた事例など、ほんの一部です。ぜひ、他のコースで紹介している起業の事例もご覧ください。
世の中には無限の「お困りごと」があり、それぞれの「お困りごと」が起業のネタになります。起業の可能性は無限です。
長谷川雅一の「実戦!ビジネス起業塾」では、たとえあなたに何の起業アイデアがなかったとしても、ヒアリングを通してあなたの起業の可能性を見つけ、あなたにピッタリの起業プランを作成、ご提案します。

 

次ページでは「2:定年起業コース」と起業の事例をご紹介します。

 

<<前ページ 【2】 次ページ>>

【1】← [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] →【3】

 

 

株式会社プレコオンラインへのご連絡は…

 

弊社へのご連絡は下記までどうぞ。

〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3
株式会社プレコオンライン
代表:長谷川 雅一
電話:090-3588-9600(長谷川直通)
※土日祭日含む、朝10時〜夜10時まで電話受付中。
固定電話:0573-25-9600